スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4・21佐藤幸子講演会に集まろう!

4月21日、NAZEN北陸と富山大学学生自治会の主催で福島のお母さんである佐藤幸子さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク代表世話人をお呼びして講演会をおこないます。特に、今回は富山大学の学生さんに参加して欲しいと思います。是非、ご参加を!

【佐藤幸子さん紹介】
 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人代表、NAZEN(すべての原発いますぐなくそう!全国会議)の呼びかけ人として活躍。去年9月の野田首相の国連での原発稼働演説に対して、NYまで追いかけ抗議したことで有名。また、経産省前の座り込みを呼びかけた福島女達100人の1人。今も福島に残り、命、子供たちを守るために活動している。

s-12年新歓ビラ
s-12年新歓ビラ裏

【要項】

学生が原発止めて社会を変えよう!
4・21新入生歓迎講演会

①特別講演 佐藤幸子さん(子どもたちを守る福島ネットワーク代表世話人、NAZEN呼びかけ人)
②基調提起 坂野陽平さん(全学連書記長)
③富大生、労働者、富山の反原発団体から

時間 13時~
場所 富山県民会館706号室
会場カンパ 500円

◎ビラの裏面の内容を掲載します

◆学生・青年の行動で原発は止められる!
 新入生のみなさん、こんにちは!いま全国各地ですべての原発を廃炉にするために、学生・青年が先頭にたって行動しています。原発事故からちょうど一年の3月11日には、ついに福島郡山市で1万6千人の「原発いらない!」の大集会&デモ行進が行われました。原発は残り一基です。私たちの行動で原発は止められます!共に行動を起こしましょう。

◆原子力ムラの大学を変えよう!
 3・11大震災と原発事故は、私たちが通う富山大学までもが「原子力ムラ」の一角として原発を推進してきた事実が明らかにしました。福島第一原発事故の収束すらしていないなかで、政府や電力会社がごり押しするように、富山大学も原発再稼働に加担しています。大学までもが原発の再稼働を狙っている背景には、国立大学の法人化があげられます。法人化により「原発マネー」が富山大学に入り、大学の最高決定機関に北陸電力の久和社長が入っています。今年から5年間で、1億1800万が富山大学に寄付されます。法人化によって大学が大手企業と癒着し、また買収され、原発を推進してきたのです。
 企業の言いなりになっている大学に学問の良心や学生の自由はありません。私たちはこのような大学を決して許してはなりません!人の命より金儲けの原発、学問の自由より金儲けの大学は私たちで変えましょう!

◆佐藤幸子さんの講演会に参加を!
 今月21には、福島県で闘う母親を代表して、佐藤幸子さんが講演に来ます!原発事故がおきた福島県では今何が起こっているのか、ひとりの母親として佐藤さんはどんな闘いをしているのか、福島の現状を知る絶好のチャンスです。マスコミでは決して報道できない生の声を聞くことができます。その声とは「福島の怒り」です!原発事故によってもっとも苦しんでいる人々は言うまでもなく福島県の人々です。私たち学生に求められていることは「福島の怒りと連帯する」ことです。
 みなさん!21日は、福島と共に手を組んで闘うスタートの日としましょう!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

NAZEN北陸

Author:NAZEN北陸
NAZEN北陸です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。