スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井新聞ニュースから

2月25日の福井新聞ONLINE より転載

福井県会傍聴席“呉越同舟”で熱気 原発推進、反対派詰めかけ

s-11.jpg

ほぼ満席となる多くの人が詰めかけた傍聴席。傍聴者同士で激しくやり合う場面もあった=24日、県会
 普段はがらがらの傍聴席に熱気があふれた。24日開会した定例福井県会。大飯原発の再稼働に反対する環境保護団体グリーンピース・ジャパンのメンバーや俳優の山本太郎さん(37)、県民らが多数詰め掛けた。原発推進側に立つ政治団体の関係者も陣取り、片隅では電力事業者幹部の姿もあってまさに“呉越同舟”。傍聴者同士で激しい言葉のやりとりが繰り広げられる場面もあった。

 午前11時の開会を控えた10時ごろから、グリーンピースの傍聴呼び掛けに賛同した県民が続々と訪れた。「敦賀原発で事故が起きたら、うちの町は第2の(福島県)飯舘村になる」と言う池田町の農業男性(47)は「政治に参加することで少しでも議会に声が届けられたら」と期待を込めた。石川県から訪れたというサービス業女性(34)は「大飯原発が再開されれば、なし崩し的に全国の原発が再開されてしまう」と話した。

 しばらくして、山本さんがグリーンピースのメンバーらとメッセージボードを持ちながら議事堂前に姿を見せ「福井は原発再稼働に向けた最前線になっている。福井はもちろん、全国の人も注目してほしい」と訴えた。

 傍聴席の中央前列は複数の政治団体関係者が占めた。ある団体の代表(52)は「県外者に県議会を冒とくされることを防ぐために来た」。西川知事が提案理由を説明する前後、政治団体の関係者が発した「やじ馬根性で来ている人は出て行ってください」などの言葉に反原発派の傍聴者が応酬し、傍聴席が騒然となる場面もあった。
スポンサーサイト

大飯原発再稼働阻止!福井県庁へ!山本太郎も参加

22日、24日と大飯原発再稼働阻止の連続行動を行ってきました。

22日(水)は福井県庁に大飯原発再稼働反対の署名提出行動。なんと2ヶ月で、57490筆!中嶌哲演さんを中心に、グリンピースや関西から来たお母さんが出席!

s-DSC05504.jpg

s-DSC05508.jpg


24日(金)は福井県議会の傍聴にいきました!野田政権は大飯原発の再稼働を突破口に全国の原発再稼働を狙っています。県議会での再稼働容認はゆるせません!

傍聴のために並んでいます
s-傍聴

今回の福井県議会の傍聴には山本太郎も参加!
s-山本太郎グリンピール

京都大学の仲間を来ていました。京大生は「バイバイ原発3・10京都集会」の賛同とメッセージをお願いしていました。
しかも、山本さんは京大生の御用学者追い出し闘争を知っていました。
s-京大生

私たちNAZEN北陸も「学校給食の産地公開、放射線チェック署名」「放射線瓦礫受け入れ反対署名」を協力してもらいました。「おっ!NAZENかぁ」とNAZENを知っている様子。志賀原発再稼働阻止に向けて協力をお願い!「行きます」と真っ直ぐな返答が返ってきました!
s-山本太郎2

最後は集合写真!
s-集合写真


3・11福島県民集会へ!アピール動画③

3.11福島県民大集会へ★福島大生のアピール

3・11福島県民集会へ!アピール動画②

経産省前テントで「とつきとおか女たちの座り込み」を続ける

椎名千恵子さんより

3・11福島県民集会へ!アピール動画①

原発いらない!福島県民大集会にあつまってください!

福島のお母さん代表 佐藤幸子(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)さんからアピール



市民の怒り爆発「ガレキ受け入れ反対!」県の研修会を弾劾

本日2月14日、富山県民会館にて、富山県が一般市民には非公開で「ガレキ受け入れ問題に関する学習会」が行われました。

NAZEN北陸は「放射能から子供を守ろうin富山」や「原子力政策の見直しを求める富山行動実行委員会」などの市民グループと連帯して、県の研修会を弾劾してきました。

平日の昼というとても忙しい時間帯の中で、参加者は約50名はいました。学生や労働者、高齢者、お母さんなど幅広い層が怒りを一つにして集結したのです。お母さん方の多くは幼い子どもと共に参加されたため、最終的には子供たちも含めて60名を越える参加となりました。

以下、今回の闘争内容をお知らせします。

・市民グループによる記者会見(13:00~14:00)
→宮崎さゆり(原子力政策の見直しを求める富山行動実行委員会・代表)さんをはじめ「回る水車の会」や「孫たちに原発のない未来を渡したい高齢者の会」の代表者が会見を行った。「放射能に対する怒りは決して一部のヒステリックな人々だけの声ではない」ことを強調。市民どうしで怒りを共有する場になり、マスコミにもインパクトを与えた。

DSC_0762.jpg


・チラシ撒き(13:40~13:50)
→NAZEN北陸が実行。県の研修会に参加する関係者にチラシを撒く。彼らのほとんどは放射能に対する知識がほとんどないことが分かっている。正しい知識をもってガレキ反対を決断させるねらいでチラシを撒いた。

・県の研修会を弾劾(14:00~16:00)
→県の検修会には環境省廃棄物対策課の山本課長や富山県の石井知事らが参加。NAZEN北陸ふくむ市民グループは会場前で各々プラカードを持ち、関係者が会場に入室する際に怒りのメッセージをぶつける。

DSC_0763.jpg


DSC_0764.jpg

DSC_0768.jpg

DSC_0770.jpg


総括として「富山県史上において最大の反原発活動」が実現できたということです。本日の闘いはKNB(北日本放送)の夕方のニュースに流れるほど白熱したものでした。原発事故以来、明らかになったことは政府や大資本は保身のために隠蔽を平気で行うことです。しかし、この期に及んでまだ市民に隠れて政治を進めているのです。こんなヤツらを許さず、市民の怒りを全力でぶつけたのが今日の闘争です。

市民が騙され、情報を隠され、政府や大資本の言いなりになる時代はもう終わったのです。私たち市民ひとりひとりが行動を起こして社会のあり方を決める時代です。

ブログをご覧になっている皆さん!私たちと共にすべての原発をなくすため行動しましょう!!


震災11ヶ月 2・11大街宣行動に集まろう!

 震災から11ヶ月目の2月11日、NAZEN北陸は、全国一斉行動として原発再稼働阻止!瓦礫受け入れ反対!大街宣を行います。ドンドン参加してください。

 野田首相は、原発の再稼働を狙い同時に汚染瓦礫を押しつけしょうとしています。2月14日(火)には、環境省を呼び、富山県主催で非公開瓦礫学習会を富山県民会館で14時から行おうとしていましす。再稼働阻止、放射能拡散の瓦礫受け入れをとめよう!2・11大街宣に集まろう!

 場所:旧富山駅南口 地下入口前
 時間:12時30分~

 右のチラシは瓦礫受け入れ反対のチラシ。富山のお母さんたちが作成!
s-DSC_0751.jpg

原発いらない!3・11福島県民大集会へ

NAZEN北陸は原発いらない!3・11福島県民大集会への参加を呼びかけます。

福島の怒りと団結して野田政権の原発再稼働をとめ!すべての原発を廃絶しよう!

【要項】
原発いらない!3・11福島県民大集会
3月11日(日) 福島県郡山市開成球場にて
 13時~オープニングコンサート
 15時~デモ

※参加したいかたは車を出します。NAZEN北陸のメールまで連絡を!

s-nazen311bira-omote.jpg

s-nazen311bira-ura.jpg

◆以下本分です
3月11日は絶対に忘れることができない日、怒りの日です。
 2万人もの犠牲者を出した地震と大津波、原発事故で福島県内では今なお15万人を越える人々が避難生活を強いられ、大半の地域が「放射線管理区域」以上の高線量被曝下におかれています。
 それなのに、野田首相は昨年末に突然の「収束宣言」。原発の中では、溶け落ち飛び散った核燃料がどこにあるかもわからず、それを取り出す術すらないというのに、一体どこが「収束」だというのでしょうか。
 政府・東電は被災者のいのちや生活などまったく切り捨て、一切の責任から逃れようとしています。子どもたちの避難や疎開すら拒み、「除染」作業に住民や労働者をかり立て、家族も地域もバラバラにされています。
 労働者、農民、漁民から生活の糧を根こそぎ奪っておきながら何の補償もなく、ようやく請求した賠償金すらほとんど支払われていません。それなのに県内23市町村の住民のみに、賠償金として1人8万円、子どもと妊婦には40万円支払うというのです。
これが命の値段だとでも言うのでしょうか。
どこまで福島県民をなめたら
気がすむのでしょうか。
 その一方で、原発をあくまでも再稼働し、外国に輸出までしようとしています。「人の命よりもカネ」、あれだけの事故を引き起こしても、結局は金儲けしか頭にない、これが今の政府や大企業の経営者たちの本音、本性です。「ミスター100ミリシーベルト」山下福島県立医大副学長の下、「放射線医療特区」として200万福島県民、36万人の子どもたちを人体実験材料にしようというのはその最たるものです。
 人間の尊厳を奪い、自然を根こそぎ破壊する原発は新自由主義そのものです。都市と分断して地方を切り捨てる。正規職と分断して非正規労働者を大量に被曝させ使い捨てにする。この原発と闘うことは新自由主義と闘うことです。
 労働者と農民・漁民、市民がひとつになり、福島と全国の怒りを一つにして、東電と政府の責任を追及し抜くこと、これこそが原発をとめる力です。この「人よりもカネ」の新自由主義の「復興」など、もうごめんです。ビジネスチャンスではなく、この腐りきった世の中を、すべての人々の団結でひっくり返すチャンスにしなければなりません。
 3・11郡山開成山球場集会とデモにフクシマの怒り、全国の反原発の怒りを総結集して、野田政権の原発再稼働を絶対に阻止しましょう! 全国、全世界からすべての原発をなくしていく闘いを福島の地からまきおこしていきましょう!

プロフィール

NAZEN北陸

Author:NAZEN北陸
NAZEN北陸です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。